無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,357
2019/02/04

第26話

メレンゲの気持ち
久「さぁ今回のゲストは今バカ売れ中のグループからこの2人に来て頂きました!」
平野紫耀
よろしくお願いします~
あなた

よろしくお願いします~

お客さん
「ぎぁぁぁぁぁ!!」
撮影は進んで行き、、
平野紫耀
平野の家をね、紹介したいと思います~笑
あなた

何笑ってんだよ

平野紫耀
あのね、今日はねたまたま家にいたあなたにとってもらってます笑
平野紫耀
僕ね、濡れおかき好きなんですよ笑
あなた

いや、みんな知ってるわ笑

平野紫耀
あれ、そーなん??
あなた

だって、前言ったやん?

平野紫耀
、、、
あなた

出ました、平野の天然が笑笑

平野紫耀
はい、まぁ次に行きましょう!
移動中に
平野紫耀
ねぇ天然って何??みんなに天然天然って言われるんだけど、さ、笑
あなた

これ、重症だ、あはは、

とばしまーす。←とばすな笑
久「なんか、もうカップルみたい笑」


佳「相変わらずの天然っぷりで笑笑」
あなた

ほんと付いて行けないです。笑


佳「でも、この天然さんにはあなたちゃんしかついていけないよね笑」


久「だね笑」
平野紫耀
ほんとに天然って何??
あなた

平野みたいな人を指す言葉。

あなた

もう、それかSiriに聞いて

平野紫耀
はーい。






楽しい撮影になりました。

























NEXT→書いて見たかったんだよね笑