無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

尾行は知っている
彩Side





私達が秀明を出て、少し立ったときだった
歩きながら、若武が話し出した
若武和臣
若武和臣
……なぁ、前にもこんなことあったよなぁ?
上杉和典
上杉和典
あぁ、ま、今回は平気じゃね?
黒木貴和
黒木貴和
今回の相手は一人だ
え?え?何のこと?
美門翼
美門翼
はぁ、アーヤ、てんで分かってないね
小塚和彦
小塚和彦
この何年間かで、僕も結構鋭くなった方だよ
はぁ……?
七鬼忍
七鬼忍
俺達、つけられてるんだよ
…………
立花彩
立花彩
えぇ?!
若武和臣
若武和臣
止まるなっ!
!!
立花彩
立花彩
ご、ごめん……
若武和臣
若武和臣
差しぶりに暴れっか
上杉和典
上杉和典
お、珍しく意見が合うな
そして二人が後ろを向こうとしたとき
???
二人には無理だよ
kzの皆
!?
その声は……
私達が声をした方を向くと
立花彩
立花彩
あなた!?
あなたが屋根の上に立っていた
若武和臣
若武和臣
おまっ、何でそんなとこにいんだよ!?
上杉和典
上杉和典
俺達に無理ってどういうことだよ
(なまえ)
あなた
そのまんまの意味♪
そう言うとあなたは屋根の上から飛び降りてきた
美門翼
美門翼
ちょ!危ない!?
スタッ
屋根から飛び降りると、見事着地に成功した
七鬼忍
七鬼忍
お前……そんなに運動神経よかったのか……?
そんな忍の質問をあなたは無視し……
(なまえ)
あなた
皆……本当にごめんなさい
え………?
そう言うなり、私達をつけてきた奴に話しかけて行った
(なまえ)
あなた
ねぇ!あんた、あいつの部下なんでしょう?
???
!!
あいつ……?
(なまえ)
あなた
皆、私が隙を作るからその間に逃げて
若武和臣
若武和臣
はぁ!?そんなことできるわけねぇーだろ!!
(なまえ)
あなた
いいから!!
黒木貴和
黒木貴和
……若武先生、ここはあなたの言うとおりにしよう
若武和臣
若武和臣
でも!
黒木君が若武をじっと見つめる
若武和臣
若武和臣
チッ、分かったよ
若武和臣
若武和臣
諸君!行くぞ!
そう言って私達は走り出した



 あなたSide
私は、カエデの家に行くと、すぐに二人で奴の部下について調べ始めた
茅野カエデ
茅野カエデ
!!あなた!大変!
(なまえ)
あなた
!何か分かったの!?
茅野カエデ
茅野カエデ
あいつの部下の居場所を調べたんだけど、最近この辺りの不審者の正体は、その部下だったみたい!そいつの目的はあなた、貴方よ
(なまえ)
あなた
!!じゃあもしかして……
私を倒すために出没していた………?
(なまえ)
あなた
だとしたら……皆が危ない!!
茅野カエデ
茅野カエデ
私が通信で協力する!これ、耳に着けてて
(なまえ)
あなた
ありがと!行ってくる!
私はカエデの家を飛びだした


タッタッ
家の屋根を使って移動する
(なまえ)
あなた
!!いた!
皆が一緒に帰ってる……その後ろに……
怪しい人影が……
その時
若武和臣
若武和臣
差しぶりに暴れっか
上杉和典
上杉和典
お、珍しく意見が合うな
ヤバい……多分相手は殺し屋……二人が相手でも無理があるっ!
(なまえ)
あなた
二人には無理だよ
kzの皆
!?
立花彩
立花彩
あなた!?
若武和臣
若武和臣
おまっ、何でそんなとこにいんだよ!?
上杉和典
上杉和典
俺達に無理ってどういうことだよ
(なまえ)
あなた
そのまんまの意味♪
私は屋根から飛び降りた
美門翼
美門翼
ちょ!危ない!?
スタッ
私は見事着地!  
 

何度もあのクラスでやって来てんだもの



これぐらい出来ないとね
七鬼忍
七鬼忍
お前…そんなに運動神経よかったのか…?
私はそんな七鬼君の質問を無視し、今までずっと言いたかった言葉を言った
(なまえ)
あなた
皆……本当にごめんなさい
皆が少し驚いたような顔つきになる
そして私は、おそらくあいつの部下であろう奴に話しかけた
(なまえ)
あなた
ねぇ!あんた、あいつの部下なんでしょう?
???
!!
(なまえ)
あなた
皆、私が隙を作るからその間に逃げて
若武和臣
若武和臣
はぁ!?そんなことできるわけねぇーだろ!!
(なまえ)
あなた
いいから!!
黒木貴和
黒木貴和
若武先生、ここはあなたの言うとおりにしよう
若武和臣
若武和臣
でも!!
黒木君が若武君をじっと見つめる
若武和臣
若武和臣
チッ、分かったよ
若武和臣
若武和臣
諸君!行くぞ!
若武君のかけ声により、皆が走り出した
さぁ……言ってもらおうか……













































鷹岡の居場所をね