無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

少女の様子は知っている
彩Side
久し振りの私Sideな気がする!

……まぁ、それは置いといて、今日学校では昨日のテストの結果が張り出されてるんだ
どうか順位が落ちてませんように!
私が順位を見ると___
1位   南沢あなた



2位   美門翼



3位   上杉和典



4位   若武和臣



5位   黒木貴和



6位   小塚和彦




7位   立花彩




8位   七鬼忍
よかった~………落ちて無かった~
(なまえ)
あなた
はぁ……
あれ?あなた……元気ない……?
いつも通りの1位なのに……
立花彩
立花彩
あなた、どうしたの?順位が落ちた……わけじゃないよね?
(なまえ)
あなた
え?ううん!何でも無い!それより彩!よかったじゃん!順位落ちなくて!
立花彩
立花彩
ありがとう!
私の気のせいだったのかな……
(なまえ)
あなた
次、理科だよね?ほら!早く移動しよっ!
立花彩
立花彩
わ!ちょっと待って~!?


その日のあなたはちょっとだけ元気が無いように見えた…………
それは……私だけじゃ無かった



~二〇分休み~
黒木貴和
黒木貴和
アーヤ、ちょっといい?
立花彩
立花彩
黒木君……どうしたの?
黒木貴和
黒木貴和
いや、ほら、今日のあなた、少し様子がおかしかったから、何かあったのかと思って
立花彩
立花彩
……それが、私にも分からないの、「どうしたの?」って聞いても、「何でも無い」としか答えなくて………
黒木貴和
黒木貴和
そっか、もし何か分かったら、教えて
立花彩
立花彩
うん
その後もkzメンバーが一人一人私に聞いてきた。やっぱり今日のあなたはおかしいよ……
ぼーっとしてることも多いし……
返事もあやふやになってる……




~放課後~
立花彩
立花彩
あなた!帰ろっ!
(なまえ)
あなた
あ!ごめんっ!今日はちょっと用事があるから……
立花彩
立花彩
そっか、また明日ね!
(なまえ)
あなた
うん!
ガラガラ
何の用事だろう……
若武和臣
若武和臣
アーヤ!帰るぞ!……って、あなたは?
立花彩
立花彩
なんか用事があるって言って先に帰っちゃった
美門翼
美門翼
用事かぁ……何だろね
小塚和彦
小塚和彦
ね、ねぇ、それってもしかして、今日元気が無かったのと関係あったりするかな……?
上杉和典
上杉和典
その可能性は充分あるな……
若武和臣
若武和臣
よしっ!追跡しようぜ!
え?!いいの!?
立花彩
立花彩
そんな事をしていいの?
黒木貴和
黒木貴和
アーヤは気にならないの?あなたの元気が無かった理由
それは……気になるけど……
若武和臣
若武和臣
じゃ!決まりだな、行くぞ!
そして、私達はあなたの尾行を開始した___
プルルルルル、プルルルルル



その時____
私のスマホがなった



私も高校生になったから買ってもらえたの
若武和臣
若武和臣
誰だ!?こんな時ぐらい電源切っとけ!!
立花彩
立花彩
ごめんっ私の……ね、ねぇ!これ!
私がスマホを見せると、そこには……
若武和臣
若武和臣
!!あなたから!?
〖南沢あなた〗と表示されていた
そう、あなたからの電話だった
立花彩
立花彩
出ても……
黒木貴和
黒木貴和
うん、勿論いいよ
ピッ


私は皆が電話に釘付けになっているのが気になったけど、取り合えず電話にでた
立花彩
立花彩
もしもし
(なまえ)
あなた
あ!彩?私今日用事があって長引きそうだから、秀明休むね!報告は、上杉君に任せておけば大丈夫だから!じゃ!
立花彩
立花彩
え!?ちょ……あなた!?
ツーツーツー


電話が切れた……
七鬼忍
七鬼忍
何だって?
立花彩
立花彩
用事が長引くから秀明休むって……
若武和臣
若武和臣
これじゃ会議出来ねーじゃん!
立花彩
立花彩
なんか……あなたが、「報告は上杉君に任せれば大丈夫!」って言ってたよ?
上杉和典
上杉和典
あいつ……人任せかよ……
美門翼
美門翼
あ!しかも、俺達は尾行に失敗したみたいだよ?
え……?
回りを見ると、そこにあなたの姿は無かった
若武和臣
若武和臣
チッ、やられた!
小塚和彦
小塚和彦
はぁ……仕方ないよ、今回はあなたの方が一枚上手だったって事だ……
え?え?どういうこと?
黒木貴和
黒木貴和
あなたは、電話に注意を引き寄せておいて、その隙に走ってどこかに行ったって事。
七鬼忍
七鬼忍
つまり俺達の尾行に気づいてたんだ。
こりゃ何か隠してるだろうな
え!?気づいてたの!
美門翼
美門翼
でもあなたって前からこんな気づきがよかったっけ?
小塚和彦
小塚和彦
うーん……どうだろ……
若武和臣
若武和臣
俺達よりは鈍い方だったと思うぜ
立花彩
立花彩
じゃあ……私達の尾行が、下手だった……?
上杉和典
上杉和典
でもこれで結構大人も尾行してきたけど気付かれた事なんて無かったぜ?
そっか……じゃあ……何でだろ……
若武和臣
若武和臣
諸君!このことを考えるのは後にしようぜ!
今は秀明に行かないとまずい
え……?って、後5分で授業始まる!?
若武和臣
若武和臣
よーし!走るぞ!
kzの皆
えぇ……(若武以外
そして私達は、秀明までダッシュで行った。

結局あなたは秀明を休んだけど…



あなた……







一体何を隠しているの?


このとき私達は気付いてなかったんだ。


この事件の大きさと
 










     






















あなたへの危険に