無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

最悪な裏切りは知っている
あなたSide



私は皆が逃げた後、少しばかり殺気を出した
(なまえ)
あなた
で?あんた、鷹岡の部下なんでしょ?あいつはどこにいんのよ
部下
ほぉ~?よく分かったな、南沢あなた
(なまえ)
あなた
さっすが、私の名前知ってんだ?
(なまえ)
あなた
で?あいつはどこ?
部下
そんなの、教えるわけねぇーだろっ!
部下が殴ってこようとする
サッ
それを私がよける
部下
まだあんときの能力は残ってんだな?
(なまえ)
あなた
えぇ、そりゃあ勿論、あの一年間、みっちりやって来てんだから
鷹岡の部下は、今度はナイフを取りだした
(なまえ)
あなた
へぇ?殺るの?
部下
俺はお前を殺すように言われてんだよ!さっさと死ねぇぇぇ!!!
ズドッ
部下
グハァ
私は蹴りを入れた
(なまえ)
あなた
あんたさァ?絶対新人さんだよね?ただの一般庶民にもバレてたよ?
部下
な……んだと…?
私は大声を上げた
(なまえ)
あなた
ねぇ!!分かってたんでしょ?若武君たち!!
???
!!
その声に反応して、建物の陰から何かが動いた
???
…………
(なまえ)
あなた
私逃げろって言ったんだけどなァ?
立花彩
立花彩
ご、ごめんなさい……
建物の陰から出てきたのは彩達、kzメンバーだった
(なまえ)
あなた
ま、いいよ、いつかはこうなるって分かってたから…………
部下
お前ぇ………!!!
(なまえ)
あなた
!!下がって!
立花彩
立花彩
え?
ドカッ
部下は彩めがけて蹴りを入れてきた

しかし……
立花彩
立花彩
!!!!
kzの皆
あなた!!
その蹴りは私に入った
部下
はっ!ざまぁみろ!お前はここで死ぬんだから、余計なことはしなくていいんだよ!!
(なまえ)
あなた
ゴホッゴホッ……
若武和臣
若武和臣
てっめぇ……
上杉和典
上杉和典
いい加減に(((
(なまえ)
あなた
待って!
美門翼
美門翼
!!あなた?
いくら何でも……
(なまえ)
あなた
いくら何でも…………皆には相手に出来ないよ……?
黒木貴和
黒木貴和
そうはいっても……
(なまえ)
あなた
それに?私、そんなこと散々貴方の上司さんにやられてきたからなれて……は居ないけど、訓練はしてきてるんだから!!
小塚和彦
小塚和彦
あなた…!?
(なまえ)
あなた
皆……少し離れてて?
kzの皆
…………
皆が下がる。私も殺気を出したから、言うことを聞かざる終えなかったんだよね、きっと
私はポケットからあるものを取りだした
カチャ
kzの皆
!?
それは……
七鬼忍
七鬼忍
拳銃……!!
(なまえ)
あなた
あぁ、安心しな?これ麻酔銃だからさ
(なまえ)
あなた
さぁて……この場で眠って捕まるか、この場であいつ鷹岡の情報を出して逃げるか、選びな?
部下
チッ
部下
あいつは……他にも色々な部下を雇ってる……これから全員、お前の事を狙うだろう……
あいつが俺達に出した命令は「南沢あなたを殺せ」……だった
(なまえ)
あなた
ふぅん……ありがと
(なまえ)
あなた
あ!そうそう、このことバレたら、多分、あんた、殺されるよ?
部下
ビク!!
(なまえ)
あなた
逃げるのも今のうちかもねェ?
部下
チッ!!
タッタッタ
鷹岡の部下は逃げていった
(なまえ)
あなた
………私の探偵人生も終わりかぁ
上杉和典
上杉和典
お前………その手に持ってるのって……
上杉君が口を開いた
(なまえ)
あなた
……麻酔銃
黒木貴和
黒木貴和
………そんなの持ってたら、警察に捕まることぐらい、分かってるよね?
黒木君……珍しく怒ってるなぁ……ま、仕方ないけどさ
(なまえ)
あなた
私は許可を取った上で持ってる……いや、持ってるように言われたの
美門翼
美門翼
誰にそんなことっ!
ごめん……ごめんね皆……
(なまえ)
あなた
そんなこと、教えられるわけ無いじゃない
苦しい……皆にこんな態度取って……自分が嫌になる……
若武和臣
若武和臣
おいっ!一体どういうことだよっ!
ホントに……
(なまえ)
あなた
私が教えるとでも?
ごめんね
小塚和彦
小塚和彦
ね、ねぇ!あなた!お願いだよ、どういうことかちゃんと説明して!
視界がぼやけてきた……何でだろ……
(なまえ)
あなた
そんなの……出来るわけ無いじゃん…………
そうだ……涙が出てきてるんだ、だから視界がぼやけてる
七鬼忍
七鬼忍
お前………何で泣いてんだよ
(なまえ)
あなた
別に……泣いてない
七鬼忍
七鬼忍
泣いてんだろ、だって目に涙あんじゃん
(なまえ)
あなた
ほっといてよ!
kzの皆
ビクッ
私は大声を上げた
(なまえ)
あなた
私は……例え誰に嫌われようと……何があろうと……守らなくちゃ行けないのよ……………
立花彩
立花彩
あなた……?
(なまえ)
あなた
…………私、もう行くから
私が立ち去ろうとしたとき……
立花彩
立花彩
待って!!
(なまえ)
あなた
……何?
立花彩
立花彩
あなたは……何でいつもそんなに溜め込んじゃうの……?
そんなに私達が頼りない……?
(なまえ)
あなた
!!そんなんじゃ……
立花彩
立花彩
だったら!!私達に相談してよ……
あなたは……何を隠してるの……?
……………
(なまえ)
あなた
わ……た…しは……
その時、耳に着けていた通信装置から声が聞こえた
茅野カエデ
茅野カエデ
あなた!!話しちゃ駄目だよっ!?
話したら……仲間を危険な目に合わせてしまうと言ったのは誰!?
!!

そうだ……
私は……仲間に真実を言えない……それはとっても辛いこと
でも……
それ以上に仲間を危険な目に遭わせたくない
(なまえ)
あなた
ありがと……カエデ、すぐ戻るね
私は家の屋根に飛び乗る
立花彩
立花彩
!!あなた!?
(なまえ)
あなた
このことを貴方たちに話すつもりはないよ?
kzの皆
!!
(なまえ)
あなた
悪いけど、次会うことはないかもね、それじゃ
上杉和典
上杉和典
待てっ!………
タッタッタッ
私はその場を立ち去った

































ごめんね、皆……