無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7話
乃亜先輩
根尾って元々あーゆう性格なんだけど去年の甲子園でちょっと問題を起こしてしまって負けたの。悔しいのは分かるけどそれからずっと練習ばっかりで後輩は息切れながら練習してて、私が止めてもマネージャーの人には関係ないって言ってね。
あ、実際に問題なんか起こしてません。w
あなた

ほー。そんなことがあったんですね。

乃亜先輩
うん。でみんな下向きになっちゃって......。でもそこを変えてくれたのがあなたちゃんなの!
あなた

あ、私?!

乃亜先輩
そうだよwあなたちゃんが来てくれたおかげでこんなにもみんなに笑顔が増えたし、なにしろ、根尾が笑顔すぎてキモいんだけどw
あなた

え、そんなに根尾くん不機嫌なんですか?w

乃亜先輩
んー?w不機嫌というかあまり笑わないね。
あなた

そーなんですか。

乃亜先輩
ほんとあなたちゃんにはみんなから感謝しかないよ!
あなた

私も、ここだと素でいられる場所なんでここに来て良かったです!

乃亜先輩
ありがとう😊
あなた

こちらこそです!

いろいろ先輩に熱測り、しました
乃亜先輩
あなたちゃん!ありがとう😊もうこんな時間だし、学校行っておいで!
あなた

ホントに大丈夫ですか?

乃亜先輩
大丈夫!!ただの熱だしね!
あなた

じゃあ早めに帰ってきます!行ってきます!

乃亜先輩
ありがとうね!行ってらっしゃい!
あなた

はい!

放課後