無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

60話
3月下旬
昂side
俺、やっぱあなたは友達やと思ってしか見れん。

卒業してから告るゆうたけどやめよ!
しかもあんな可愛い可愛いあなたに俺なんか合わんしなぁ


やから恭太にあなたを頼む!!
恭太。



ガンバレよ!






恭太side
やばっ!もうちょっとしたら卒業式やしよ!
あなたに告る!ライバルおる。それは





昂や。
俺はあなたがマネージャーにきて一目惚れした。
ほんまにこんな恋初めてやで?
あなたに出会えてよかったわ〜
あなた。

卒業式のとき
俺の気持ち受けとってください。
あなたside
あなたね、昂と恭太どっちがほんまに好きなんやろー?って1年くらい考えてた。
最近分かったねん。
それはな、










恭太やった。
あなた、やっぱり恭太のこと好きなんやーって改めて感じた。
昂のことはもちろん好き!やけど友達としてかみれんなーってね。
やからやからやから!


卒業式告る!
頑張るぞー!