第47話

パソコン
3,708
2021/01/30 04:39
莉犬
莉犬
さとみさん、ああいう感じなんですね
あなた
あなた
うん…?
莉犬
莉犬
普段はクールなのに以外っ
あなた
あなた
あはは…
あなた
あなた
私もう戻りまs…
莉犬
莉犬
まって
資料室を出ようとすると、パシッと手を捕まれた。
莉犬
莉犬
あなたさん、さとみさんのことどのくらい好きですか?

真剣な表情。



どうしてそんなこと聞くのだろうか。



莉犬くんには関係ないのに…。
あなた
あなた
そんなの教える必要ないでしょ?


手を振り払って資料室を抜け出した。





そこまで私とさとみさんのことが知りたいの…?

ーーー

それからも莉犬くんは、何故か私とさとみさんを引き離すようなことをした。
あなた
あなた
さとみさん、この文章のことなんですk…
莉犬
莉犬
あなたさん…!
莉犬
莉犬
パコソンおかしくなっちゃいました…
さとみ
さとみ
行ってこい
あなた
あなた
すみません…っ


さとみさんとの話を中断し、莉犬くんの元へ行った。
あなた
あなた
どうしたの?
莉犬
莉犬
これ
 


パソコンの画面には、特におかしなところがなかった。
あなた
あなた
え…?
莉犬
莉犬
あ、何もおかしくありませんでした…!
莉犬
莉犬
ごめんなさい…
あなた
あなた
う、うん…
莉犬
莉犬
あっそうだ!
あなた
あなた
莉犬
莉犬
今日仕事終わったら会いたいってるぅとくんが言ってました
あなた
あなた
(るぅとくんが…?)
あなた
あなた
わかった
ありがと



振り向くと、さとみさんが心配そうな顔で私を見ていた。

私はさとみさんとさっきの話の続きをするために駆け寄った。
あなた
あなた
すみません…っ
あなた
あなた
で、この文章のことなんですけど、
さとみ
さとみ
なんか言われたの?
あなた
あなた
え?
さとみ
さとみ
あいつに
あなた
あなた
え、あ、特になにも…
さとみ
さとみ
    そっか




るぅとくん、私になんの用があるんだろうか。




どうして莉犬くんに言わせたの…?


もし前みたいなことされたら私……。


私はさとみさんと付き合ってる。




だから他の人とはそんなこと…
さとみ
さとみ
あなた?
さとみ
さとみ
大丈夫?
あなた
あなた
あっ…ごめんなさい
あなた
あなた
上の空で…

すると、さとみさんは私の手を優しく握った。
さとみ
さとみ
やっぱなんか言われたんでしょ
さとみ
さとみ
話して…?
あなた
あなた
実は……
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
期末テストやばい
作者
作者
テスト終わったらジャンジャン更新するんでそれまで待ってて下さい(´;ω;`)