無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#3
神崎(なまえ)
神崎あなた
…失礼します。不死川先生居ますか…?
カナエ
カナエ
あら〜、あなたちゃん!どうしたの?
神崎(なまえ)
神崎あなた
…少し休みたくて…
カナエ
カナエ
不死川先生はあそこよ〜。
ゆっくり話してね。
神崎(なまえ)
神崎あなた
…ありがとうございます。





























実弥
実弥
でェ、我妻の奴が俺のところに行けとォ、
神崎(なまえ)
神崎あなた
はい


いや、不死川先生怖い。


実弥
実弥
はァ…
実弥
実弥
オッドアイの事だろォ?
神崎(なまえ)
神崎あなた
…はい
実弥
実弥
オッドアイとかそんなの気にすんなって
実弥
実弥
オッドアイだからなんだって言うんだァ?
実弥
実弥
言っとくが、オッドアイのお前と、オッドアイじゃない、あいつら。
実弥
実弥
絶対お前の方が優しいからなァ?
神崎(なまえ)
神崎あなた
実弥
実弥
だから、気にすんな!
実弥
実弥
なんかあったらこいよ?
実弥
実弥
相談乗ってやるからなァ?
神崎(なまえ)
神崎あなた
ありがとうございます。
実弥
実弥
今日は職員室で休んどけェ、
実弥
実弥
栗花落らへんでも呼んできてやるからよォ
神崎(なまえ)
神崎あなた
はい
実弥
実弥
じゃ、そういうこったァ。


不死川先生、見た目は怖いけど


優しいんだなぁ……






 




next……🐹🌻