無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

#12
神崎(なまえ)
神崎あなた
うぅ…っ



私に前世の記憶が戻っていたら











オッドアイじゃなかったら…












アリス
アリス
なにしてんの?
神崎(なまえ)
神崎あなた
…アリスちゃん…
アリス
アリス
ま、あんた邪魔だったからいい気味よww
神崎(なまえ)
神崎あなた




そっか。邪魔か。










神崎(なまえ)
神崎あなた
そっか。じゃあ消えてあげるね
アリス
アリス
なに言ってんのwwどうせできねぇくせによwww



私ができないって。









死ねないって思ってるくせに










なんで、死ねっていうの?










神崎(なまえ)
神崎あなた
さよなら









私は、フェンスを蹴った。



















一瞬見えたアリスの顔は

















笑っていた




















空は青かった。

































































グシャッ



































肉の潰れる嫌な音と共に
















私の視界は真っ赤に染まり






















意識が遠のいた。






























さよなら。愛しい人。






























next…🐹🌻