無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

レストラン
1,324
2022/06/26 08:19
音子ちゃん ※ネコ
 いい雰囲気のお店だね!
ホークス
 ふふっ 、 でしょ
音子ちゃん ※ネコ
 夜景も綺麗 !


私たちが座ったところの隣は大きい窓で 、 とても夜景が綺麗な場所だった 。














ホークス
 えぇっと … このCコースで 。 
店員
 はい 、 かしこまりました 。
ホークス
 デザート付きでお願いします 。
店員
 かしこまりました 。


ホークスは慣れているのか 、 スラスラと注文してくれた 。















そして 注文していた食べ物が届いてからは 楽しいお話をたくんした
音子ちゃん ※ネコ
 ん〜 、 美味しい !
ホークス
 美味しいね 、 
音子ちゃん ※ネコ
 そういえばこの間 モデルの依頼来たんだよね 、
ホークス
 引き受けるの ?
音子ちゃん ※ネコ
 ん〜 、 今のところは引き受けるかな。
ホークス
  なんのモデル ?
音子ちゃん ※ネコ
 化粧品だよ 。
ホークス
 えぇ 、 いいじゃん !!!
音子ちゃん ※ネコ
 啓悟が言うならやろうかなぁ〜 。
ホークス
 うんうん 、 やった方がいいよ〜 。
音子ちゃん ※ネコ
 じゃぁやる〜 !






















そして時はあっという間にすぎ 、 2人とも食べ終わって 今席を立ったところだ 。
音子ちゃん ※ネコ
 また今度ここに来ようね !
ホークス
 もちろん 。 



何故かその啓悟はオドオドしていた 。



音子ちゃん ※ネコ
 啓悟 、 なんかあった ?
ホークス
 話したいことがあって 。 真剣に聞いてくれる ?
音子ちゃん ※ネコ
 ……… うん 、 座った方がいい ?
ホークス
 いや 、 立ったまんまでいいよ 。



そう言うと 、 啓悟は 「 ふぅぅぅ……」 と 深呼吸した 。









ついこっちも身構える 。











ホークス
 … 俺が 、 これからもずっとあなたのこと守り続ける 。
ホークス
  …… 結婚してください 、 !!!


啓悟は 片足を床につけ 、 どこから出したのか 婚約指輪を出した






思いもよらない言葉に 体が固まった 。 「 結婚してください」って 、 言ったよね 、、



本当に 、 そう言ったよね ? ずっと この先も一生 啓悟と居られるってこと ???





頭と体が追いついて 言葉を理解すると同時に 涙が溢れてきた 。


ずっと隣に居ていいんだ…
音子ちゃん ※ネコ
 っ … 、、 はい !!!
ホークス
 …… 、 結婚 、 してくれると … ??
ホークス
 結婚 、 だよ 、 ? 本当に いいの 、?
音子ちゃん ※ネコ
 それは こっちのセリフだよ 、、
ホークス
 …… 泣きすぎだよ 、あなた 、
音子ちゃん ※ネコ
 っ … 啓悟も泣いてるよ 、
ホークス
 はぁぁぁ …… 好き 、 あなた 、
音子ちゃん ※ネコ
 私も 。 愛してる 、啓悟 。


お互い泣きながら 、 私の指に婚約指輪をはめてくれた 。
ホークス
 …… ほんとに 、 今までないくらい緊張した 、
音子ちゃん ※ネコ
 私もびっくりしたよ 、 
ホークス
 ふふっ 、
音子ちゃん ※ネコ
 ははっ 、 なんか笑えてくるね 、
ホークス
 ね 、 平和だよ 。
音子ちゃん ※ネコ
 結婚 ……… 実感わかないなぁ 、
ホークス
 それは今から湧いてくるから大丈夫 。


























そして 、 次の日の朝 事務所で発表があり 世間が揺らいだのであった 。


















一応完結とはなりますが 、 結婚前のエピソードや 結婚後の話は書いていくので

お気に入りはそのまんまでお願いしますm(_ _)m


ここまで見てくれた皆様 ありがとうございました✨


これからの話も ぜひ 、 よろしくお願いします🙇‍♀️