無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

新年
2,899
2022/01/01 02:13
ホークス
あなた!!! あけましておめでとう〜!!!
音子ちゃん ※ネコ
あけまして閉めまして。
ホークス
え?!ちょ、しめないで!!!
音子ちゃん ※ネコ
新年でも私たちは仕事でーす
ホークス
仕事って言っても警備だけだし、午前中だけじゃーん!
音子ちゃん ※ネコ
…午前中も啓悟と家にいたかった。
ホークス
ゔっ…一体どんなとこでその言葉覚えてきたの、心臓に悪いよ…


新年だから。と言っても私たちヒーローに休みはない




私と啓悟は午前中に警備。 午後は他のヒーローが警備してくれるみたい。
音子ちゃん ※ネコ
どこの警備だっけ
ホークス
神社だね
音子ちゃん ※ネコ
あぁー、初詣の人達の
ホークス
そうそう。人混みに紛れて窃盗とかないように見張らないと
音子ちゃん ※ネコ
了解















.
ホークス
はいはーい。皆さん気をつけてね
「ホークス!!!」




「ホークスもホワイトキャッツも新年から大変だねぇ、」
音子ちゃん ※ネコ
午前中だけなので大丈夫ですよ。皆さんの安全が第1ですね

「ほんとにホワイトキャッツはいい子に育ったよ、」
音子ちゃん ※ネコ
ふふっ、どうも。
ホークス
あ、これ。落としましたよ
「あぁ!ありがとうございます!!! …これ大事なものだから、」
ホークス
はい、大切に
「ありがとう!!ホークス!」
ホークス
どうも〜




福岡内でも結構でかい神社だから、初詣の人が結構いる。




こんなに人数いるとそれなりに色々起こるみたいで。




音子ちゃん ※ネコ
あれ、君迷子?
「…ホワイトキャッツ、?」



落し物だったり、迷子だったり。
音子ちゃん ※ネコ
ホワイトキャッツです。こんにちは
「こんにちは…、」
音子ちゃん ※ネコ
お母さんとか、お父さんはどこ行ったのかな?

「…わかんない、 いつの間にかいなくなってたの…」
音子ちゃん ※ネコ
そっかそっか。じゃぁ私と一緒に着いてきてくれるかな?
「うん、行く、」



迷子の女の子と手を繋なぐ。


ホークス
あれ、あなた。その子迷子?
音子ちゃん ※ネコ
そうそう。
ホークス
迷子の子はあっちら辺に行くといいよ。
音子ちゃん ※ネコ
はーい。



ホークスに道を教えて貰って、その場にたどり着くと他にも2、3人迷子の子がいた。
音子ちゃん ※ネコ
私はここまでしか付き添えないから、ごめんね。
「…ううん、大丈夫」
音子ちゃん ※ネコ
ここにいたらお母さんとお父さん見つかるからね。
「うん、ありがと…!」
音子ちゃん ※ネコ
いいえ。じゃぁ気をつけてね
「うん!」






















音子ちゃん ※ネコ
ねぇ、啓悟
ホークス
んー?
音子ちゃん ※ネコ
今度さ、ヒーロー会議あるよね
ホークス
そうそう。来週ね〜。
音子ちゃん ※ネコ
東京かー。
ホークス
会議が終わったあとはきっと飲み会ばい、酔わんようにね
音子ちゃん ※ネコ
うん、それは気をつける。
ホークス
誰が来ると?
音子ちゃん ※ネコ
んー…オールマイトさん エンデヴァーさん ベストジーニストさん ミルコ ら辺かな
ホークス
…そっか、わかった。








新年早々、啓悟の博多弁がすごかった。