無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

クリスマス
2,952
2021/12/25 12:30

今日はクリスマスだ
ホークス
あなた!!! メリークリスマス!
音子ちゃん ※ネコ
メリクリ メリクリ
ホークス
えぇ…もーちょっと盛り上がろうよ クリスマスなんだからさ!!!
音子ちゃん ※ネコ
嬉しいけどさぁー…警備夜までしないとだよ?
ホークス
あ゙…
音子ちゃん ※ネコ
え、忘れてたの?変なやつらが騒ぐせいで私たちは仕事だよ。仕事。
ホークス
っと、その前に。1ついい?
音子ちゃん ※ネコ
…ん?
ホークス
これ、プレゼント。…メリークリスマス
音子ちゃん ※ネコ
え、ありがと。…じゃぁ私からも。メリークリスマス
ホークス
ふふっ…あなたサンタさんか。可愛いなぁ。あ、開けてみてよ
音子ちゃん ※ネコ
うん、啓悟も開けて?
ホークス
はーい






蓋を開けてみると
音子ちゃん ※ネコ
おぉっ…!!! ネックレス…?いいの?!
ホークス
ふはっ、いいよ。全然。
音子ちゃん ※ネコ
…高かったでしょ、?
ホークス
気にしないで、俺稼いでるんだし。それにお返しはあなたの笑顔で
音子ちゃん ※ネコ
…じゃぁつける、!
ホークス
うん。そうして?
ホークス
…お、ベルトとネクタイ?嬉しいなぁ
音子ちゃん ※ネコ
お仕事の時、使うかなって
ホークス
ウンウン、使う使う!ありがたいね〜 こういうのってあんま自分では買わないものだし。
音子ちゃん ※ネコ
今度、つける時あったら…つけて?
ホークス
もっちろん〜 あなたから貰ったって今から自慢してこよっかなぁ
音子ちゃん ※ネコ
それは恥ずかしいからやめて
ホークス
はぁぁ、ほんと愛らしか、
音子ちゃん ※ネコ
…ん、最後のプレゼント。ちゅー頂戴
ホークス
…かしこまりました。お嬢さん




そう言って、啓悟は私には口付けをする。






それは格段と、甘かった。 いつもと違って濃厚で。脳みそがとろけそうだ



プハッと息を吸うと 獲物を捕まえるような顔をして私の舌を探し出す



音子ちゃん ※ネコ
んぁっ…、



さすがに耐えきれなくて、啓悟の胸板を叩く
ホークス
あぁ、…ごめんごめん。可愛くて
音子ちゃん ※ネコ
もう、仕事なんだからね?
ホークス
あなたもあんまり可愛い声出さないでよ、我慢できなくなる…

そう言いながら啓悟は天井を見上げながら手をパタパタする
音子ちゃん ※ネコ
…帰ったらね
ホークス
え゙、帰ったらシてくれると?!
音子ちゃん ※ネコ
…はいはい。早く仕事行くよー
ホークス
え、ほんとにほんと?! まじで?! うわ!早く仕事行こ!張り切ってきた!



その後も啓悟ホークスは 気分が良かったみたいだ。






















サイドキック
ホークスさん、…どうしたんですか?
ホークス
…んー?
サイドキック
あの…ニヤついてますよ。すごい。
ホークス
あぁー…ちょっと嬉しいことがあってね、
サイドキック
…そうなんですか。リア充はいいですね
ホークス
あれ、恋人いないんだ?
サイドキック
すいませんね、いなくて
ホークス
じゃぁ雄英にいるミッドナイト紹介しようか?多分付き合ってくれるよ
サイドキック
…遠慮しときます