無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

104
2020/04/02

第19話

佐藤くんの場合6
僕は本当に
残念な奴だった。

佐藤くんが、何か隠していたことも
気づかずに

ずっと仲良くしてたんだから。
女の子
こんなこと言い難いんだけどー。


やっぱり、

言った方がいいかなと思って。
突然、そう、
話かけられたのは、

学校へ向かうバスを待っている時だった。
はぃ?
女の子
あの。。

あなたの写真とか写メとか

ていうか

情報とかーー。

流されてるっていうか、、、。
え?
見知らぬ女の子が教えてくれたのは

僕の個人情報の、色々が

ある人物から

流されているってこと。



そして


その人物とはーー。


そう、佐藤くん。