無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

88
2020/04/14

第26話

香澄ちゃんの場合5
僕って、
邪魔じゃない?
そう切り出したのは、
3人でいるのが自然になり、
まわりにも、

【ゆうたんと仲間たち】

ていう

おかしな名前で呼ばれるのすら

定着し始めたころだ。
山神 香澄
はぁ?!!

なぁにいってんの?!
佐藤 始
お前なぁー。

これから、

夏がやって来ると言うのに!!!


いや、、

だからこそ、、なんだけどさあ。
山神 香澄
どういう意味よー!

わたしの水着姿とか浴衣姿とか

水着姿とか見たくないわけっ?!
佐藤 始
水着姿見せたすぎかよ!
2回言ったわ!
もう、僕を真ん中に置かずに

2人で

純粋に楽しんだらいいのになぁ。

なんか

なんだか

腑に落ちないんだよ。

そりゃ、

3人で一緒に遊ぶのは

楽しいけれど。