無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

109
2020/04/03

第21話

佐藤くんの場合8
佐藤 始
オレさ、お前が

羨ましかったんだわ。

天然じゃん?
え?
佐藤 始
めちゃくちゃモテてるのに
気づかないしさ。
そんな事ないよ。
佐藤 始
そういうとこなんだよな。


お前は、素でそう言ってしまうし、

実際にそう思ってる。

だから、

勝ち目なんて、ないし。
、、、。
佐藤くんが僕にやっと本音を話してくれた。

僕といて最初はとても楽しかったのに、

少しずつ変わり始めたこと。

女の子に声をかけられ、
呼び出され、
聞かれることは
必ず、

僕の事ーー。

だんだんウンザリしはじめ、

ならば、

それを利用して

女の子と仲良くしようとおもったけどー。

それもうまくはいかなかった。

だって、女の子の興味は
僕にしかなかったから。

佐藤 始
どんどん、惨めになっていくんだよ。
それでも、

ぼくと一緒にいたのは

なんで??

佐藤 始
それはーー。
全く楽しくなかったのー?
佐藤 始
、、、。