無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

249
2020/02/08

第6話

美織ちゃんの場合4。
美織ちゃん
美織ちゃん
ゆうたくんはカッコイイのに、
目立たないようにしてるよね。

なんで?
美織ちゃんはとても積極的な女の子で
転校生だけど
すぐに皆に馴染んでいった。
うーん。

それは、、、
僕は保育園に通い始めた頃、
いや、それ以前からなのか
感じていた事があった。


他の男の子と僕は、
何か違うなって。
女の子
わたし!ゆうたくんの隣がいい!
女の子2
わたしも!!
男の子
なんで、ゆうたばっかり!
僕は皆と仲良くしたいのに、
男の子と女の子で
何かをするとき、

僕を中心にして
揉め事が起こる。


それが嫌で仕方なかったんだ。
僕は、誰の隣でもいいよ!
けれど、その僕の気持ちは
みんなにうまく伝わらなくて、
女の子
ゆうたくん!
わたしを選んで!
女の子2
わたしと座ろうよ!
男の子
はぁ。
みんなも

僕も楽しくなくなるんだ。