無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

110
2020/04/03

第22話

香澄ちゃんの場合。
山神 香澄
はじめちゃん!
そんな僕達の間に割り込んできたのは、

超小柄。
いや、
超ミニサイズな
女の子。
佐藤 始
香澄、、
山神 香澄
わたしが、頼んだの!

はじめちゃんに!!

あなたのこと紹介してって。
え。
佐藤 始
お前といるの楽しくなかったわけじゃない。

女の子のこと抜きにしたら

おまえ、めっちゃいい奴だし。
山神 香澄
はじめちゃんを悪く言わないで。

わたしが、あなたのこときくから

仲良くしてくれたり

写メ撮ってくれてたのも

あるんだから!

幼馴染を大切にするいい男よ!

はじめちゃんは!
超ミニサイズの女子はぴょんぴょん飛び跳ねながら

僕に言う。
ぶはっ。
思わずわらってしまった。
山神 香澄
なによっ。

なんで笑うのよ。
それが、

山神香澄ちゃんとの出会い。

佐藤くんと香澄ちゃんと僕。

3人の話がここから始まる。