無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

新生活
蓮
おっきい…!
思わず声が出てしまった。それほど大きい建物が目の前にあった。
司令
司令
そうじゃろう。そうじゃろう。さ、入って。
俺は司令のあとをついてってどんどん奥に行った。
司令
司令
ここが、3号の部屋じゃ。
蓮
わぁ!
すごくきれいに片付けられていて、広いし、家具もバッチリそろっていた。
蓮
こんなに凄いところに住んでもいいんですか!?
司令
司令
もちろんじゃ。ただ、しっかり働いてもらうぞ。
蓮
頑張ります!
司令
司令
おぉ、良い意気込みじゃ。そしたら明日から早速始める。
今日はしっかり寝るんじゃな。
司令
司令
おっと、その前にお風呂とかトイレとか行こうな。
蓮
あ…の。お風呂が俺…ちょっと怖くて…。
司令
司令
ん?そうなのか。じゃあ一緒には入ろうかのう!
蓮
えっと、その。昔お湯に無理矢理頭を突っ込まれて…息できなくされて…。
それからお風呂入るのが怖くなっちゃって…。
司令
司令
そんなことが!!大丈夫じゃぞ。わしはそんなことせんからな。
怖かったらすぐに言ってくれ。
蓮
ありがとうございます。
その後俺と司令はお風呂に入ったが、やっぱり怖くなって2時間ぐらい泣きながらお風呂に入った…。
1号
1号
ただいまーー!!
2号
2号
ただいま。
司令
司令
おお!帰ってきおったか。
蓮
司令
司令
あぁ、そういや3号に言ってなかったのう。
ここはヒーローが住む場所なんだ。
今はまだわしと三人しかおらんが、これから増える可能性もある。
すまんが、我慢しておくれ。
だから広いのか…。
と俺は思いながらもこれからいろんな人にあっていくと言われて正直怖くなってきた。
1号
1号
あ、私3号の隣の隣だ…!Σ(|||▽||| )
2号
2号
お、私は3号の隣だ。( *¯ ꒳¯*)
1号
1号
ずーるーいー!
2号
2号
どんまい…(≖ᴗ≖ )ニヤッ
1号
1号
嬉しそうなのが見え見えだよ!
司令
司令
騒がしい二人でごめんなぁ。
蓮
いえ、そっちのが楽しいと思いますよ。
1号
1号
あれっ?今3号ちょっと笑った?
2号
2号
なんね、見てなかったわ。
蓮
わっ笑ったか…な?
1号
1号
3号可愛い!(笑)ねぇやっぱお部屋交換してぇ!ホタルちゃん!
2号
2号
やーだよ。私だって3号の隣がいいもん。
司令
司令
こらこら二人とも。お風呂に入ってきたらどうじゃ?
2号
2号
はーい。
1号
1号
おっふろー!おっふろー!
司令
司令
困ったもんじゃのう(笑)それじゃ、明日は早いしもう寝るんじゃな。
蓮
わかりました。おやすみなさい。
俺は自分の部屋へと向かった。
俺の部屋の前まで来たとき、隣の部屋のドアが開いた。