無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

3
今日はananの発売日!

向井「見るの嫌やな」

あなた 「じゃあ私だけ見よっかな」

向井「それは嫌!よし、見るぞ!」




向井「これはアウトやろ」

あなた「アウトじゃないやん!」

向井「だってめめに抱きつかれてるやん!」

あなた 「うん」

向井「しかも次のページはエロいしさぁ…」

あなた「ごめんじゃん(´>∀<`)ゝ」

向井「もう今日の夜は覚悟しときいや」

あなた「えっ、、、」

ピロン(通知音)
マネージャー
あなた!!今凄いことなってるよ!!エゴサしてみて!
あなた

分かりました!

調べてみると…

@AAA
めめ目当てで買いに行ったけど林あなたちゃん可愛い


@BBB
みんな林あなたちゃん調べて!


@CCC
俺もその女の子気になるし買ってこようかな
あなた「えっ、スゴすぎる…」

向井「凄いやん!おめでとう!」

あなた「ありがとう!(っ´>ω<))ω<`)♥」

向井「でも嫉妬しちゃうわ」

あなた「大丈夫!私には康二くんしかいないから」

向井「あぁ〜もう大好きやわ」

ピロン
マネージャー
あっ、言い忘れてたけどこれからインスタやってね!
あなた

えっ、分かりました!頑張ってみます!

あなた「インスタやることになった!」

向井「よし!じゃあ早速アカウントつくるか!」

あなた「うん!」



あなた「うわっ!すごい!」

向井「いっぱい増えてるやん!」

あなた 「すごいね!」

向井「最初の投稿はおれとのツーショットにする?」

あなた「絶対嫌だ!」

向井「なんでよ〜俺の彼女やから取んなよって伝えたいやん」

あなた「笑無理だよ」

向井「じゃあその分今日の夜いっぱい俺のやでっていうシルシいっぱいつけるか 覚悟しときいや」

あなた「(///ω///)♡うん」
🌼🌸リクエストがあればぜひコメントに書いてください!!お願いしますします!