無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

328
2021/02/06

第4話

episode three
おつきあい編です♪







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







夏菜子side







あれからなんやかんやありまして







お付き合いすることになりました。(







ちなみに私の将来の夢は翻訳家に決まりました!







この前図書館で翻訳したときにすごく楽しくて







亮平君も応援してくれてる♪
(阿部ちゃんはジャニーズのままです)







そんで今日は付き合って半年記念ってことで亮平君の家に遊びに行くんだけど







LINEしてもなかなか返信こない…







かれこれ一時間くらい待ってるよ







おうちに行くのが10時
連絡したのが8時30分
ただいま9時30分







いつも連絡はマメにしてくれるのにどうしたんだろ







prrr







阿部「はーい、もしもーし」







『あっ!もしもし!夏菜子だけど』







阿部「フフ、わかってるよ。どうしたの?」







なんか声に元気がない?







風邪ひいちゃったのかな







だったらやることは一つしかない!







『ううん!ちょっと声聞きたかっただけ!』







阿部「可愛いなぁ」







『ごめんね、じゃあまた後で!』







ツーツーツー







シャッ!行こ!







INスーパー







おかゆの材料とリンゴとプリンとか?







適当に材料買って







ピーンポーン







阿部「はーい」







ガチャ







『はいはいはい!まず熱を測りましょう!』







阿部「えっえっ何?」







『…39.3…何これ?』







『朝から体調悪かったんでしょ』







阿部「うん…」







「なんで言わなかったの?」







阿部「心配かけたくなくて」







『全くもう!私があの電話の声聞いてわからないと思ったの?』







阿部「だって、一緒におうちデートしたかった
   し…」







『…お粥作るからキッチン借りるよ』







阿部「うん、ごめん」







『謝んないでいいよ!亮平君は休んでなね!』







阿部「うん。ありがとう😊」
















いいね6つで更新