無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🥀
全員が入り終わったあと、注意深く周りを見てから風呂に入った。
You
You
風呂広っ!!
ご丁寧にタオルが浴室内の出入口近くに置いてある。
You
You
前の人誰だろ…優しいな。
なんとなーくミンギュさんの姿が浮かんだ。
You
You
…やりそう。
ウォヌ
ウォヌ
あなた~、ドライヤー取っていいー?
You
You
っ?!
…どうぞっ!!
早いところ風呂から出て部屋に戻らないと、いつばれるかわからない。
超高速で風呂から出て、タオルを巻いた。
You
You
あーぶな…
ウォヌ
ウォヌ
あ、あなた。
You
You
えっ?!
ばれた。
確実に。
ウィッグを着けてないから髪も長いままだし、化粧も落としてるし体型もわかる。
ウォヌ
ウォヌ
あなた、お前って…
You
You
…。
ウォヌ
ウォヌ
めっちゃ女顔してんだな。
You
You
…はい?
ウォヌ
ウォヌ
その髪の長さハニヒョンと同じ戦法?
You
You
あ、そ、そうなんですよぉ…
ハハハ…
ばれるような胸かなくてすみませんでしたねぇ!!
ウォヌ
ウォヌ
あ、そのドライヤー使っていいからな。
You
You
ありがとうございます…
ウォヌ
ウォヌ
じゃ、おやすみ。
ばれなくて良かったと思うべきなのか、わかれよと思うべきなのか、とりあえず複雑な気分だ。
You
You
…女子力磨こうかな。
You
You
って、ばれちゃダメなんだよ!!