無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

🥀
ウジヒョンは目線をちらりと横にやると、私の腕を引っ張った。
You
You
えあっ、ちょっ…
ウジヒョンは自分の部屋に私を連れ込み、鍵を閉めた。
ウジ
ウジ
ここなら大丈夫だろ。
You
You
なにがですか?
ウジ
ウジ
分からなかったのか?
ウジ
ウジ
誰かは分からなかったけど、カメラを構えてるやつがいた。
ウジ
ウジ
どうせファンとかだろ。
You
You
いましたっけ…
ウジ
ウジ
それより、理由を教えろ。
You
You
髪、ですか…?
ウジ
ウジ
大体予想はついたから、言ってみ。
さすがだ。
ウジさんにはすべてお見通しってことだ。
You
You
…私女なんです。
ウジ
ウジ
うん、だよな。
You
You
なんでわかったんですか?
ウジ
ウジ
そりゃあ、結構最初から。
You
You
えっ、いつですか!
ウジ
ウジ
初めて声聞いたときかな。
ウジ
ウジ
声質が男のそれじゃなかったし。
You
You
そんな前から…
ウジ
ウジ
わざわざ言う必要もなかったわけだが、なんで髪を下ろしてるんだ?
You
You
いやぁ…前にウォヌヒョンに見られたとき全くばれなかったので
You
You
他も大丈夫かなぁ、と…
ウジ
ウジ
はぁ…ウォヌ…
ウジ
ウジ
で、誰に見せてんの?
You
You
ウォヌヒョンとスンチョルヒョンとソヒさんだけです。
ウジ
ウジ
…
You
You
どうしました?
ウジ
ウジ
あなたが女だと思うと…ヒョンって言うのが変に思えてくる。
You
You
あ、確かに。
ウジ
ウジ
それより、ソヒに見られたって言ったか?
You
You
はい、何かあるんですか?
ウジ
ウジ
…何かあるわけではないんだけどな…