無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🥀
社長
君のダンスの能力は他のメンバーを潰してしまうほどに凄いんだ。
社長
だから男性グループに入って欲しい。
訳がわからなかった。
なんでそうなるのか、そもそもどうやって入るのだろうか。
You
You
私は、どうなるんですか?
社長
男に成りすましてSEVENTEENのメンバーになって欲しい。
社長
嫌なら…無理にとは言わない。
まだ詳細はよくわからない。
けど今を逃したらもう二度とチャンスは来ない、そんな気がした。
You
You
やります、男性グループ。
社長
本当かい?
You
You
はい。
社長
よかったよ。
社長
ひとまずこの人に付いていってくれ、デビューは一週間後だ。
You
You
いっ、一週間後…
社長の指した先にはとても綺麗な女の人がいた。
テヨン
テヨン
どうも、イ・テヨンです。
You
You
こんにちは。
テヨン
テヨン
じゃあ、こっちについてきてもらえるかしら。
You
You
はい。
もう覚悟は決まった。
私はアイドルと引き換えに、女をなくす。