無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🥀
スンチョル
スンチョル
とりあえず練習室来たけど…俺らの曲踊れる?
you
you
はい、多分踊れますよ。
ミンハオ
ミンハオ
じゃあ『HIT』流すよ。
ホシ
ホシ
わざわざキッツイの選んだなぁ…
you
you
『HIT』かぁ…できるかな。
頭の片隅にあったわずかな記憶を頼りに、感覚でそれらしく踊った。
you
you
…どうですか?
ジュン
ジュン
え、すごい!
なにこれすごい!
ディノ
ディノ
ビックリですよ!これで練習すればすごいうまくなるんじゃないですか?
ホシ
ホシ
ちょっと間違えてた所もあったけど、そこは覚えれば行ける!
you
you
よかったです…
ウジ
ウジ
じゃあ次はボーカルな。
ウジ
ウジ
んー、『Second life』歌って。
you
you
はい!
これは個人的に好きな曲だったからしっかり歌えた。
ジョンハン
ジョンハン
うん、普通にうまいな。
ジョシュア
ジョシュア
やっぱり綺麗な声してる。
ウジ
ウジ
低音出ないの?
you
you
あー、そうですね。
ドギョム
ドギョム
でもうまい!
スングァン
スングァン
高音僕よりきれい!
そりゃあ女ですから。
ミンギュ
ミンギュ
じゃあ次はラップかな!
スンチョル
スンチョル
『TRAUMA』でいい?
you
you
うっ…
you
you
大丈夫…です…
歌詞は覚えてる。
音程もあってる。
舌が間に合ってないだけ。
無理。
できない。
スンチョル
スンチョル
フフッ、
…ふぁ、ファイトッ!
ウォヌ
ウォヌ
こんなにできない人初めて見た…ブフォ
バーノン
バーノン
…ファイティン。
you
you
え、そんな酷いですか?
ミンギュ
ミンギュ
だってさっ…歌えてたの俺のパートだけじゃんっ!
you
you
そんなに酷いとは…
もう決めた、ラップは一生やらん。