無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

🥀
司会
SEVENTEENの新メンバーは日本人ということですけれど
司会
どなたでしょうか?
you
you
あ、僕です!
司会
へえ、とてもきれいな方ですね。
スンチョル
スンチョル
あー、僕たちの中でぇ、一番ダンスが上手です。
ホシ
ホシ
完璧でぇぇぇす!
司会
そうなんですか!
司会
そんなSEVENTEENのダンスを見せてもらいましょう、こちら!!
番組の進行役は初めてで、とても緊張した。
だけどメンバーのみんなが手助けしてくれることでそこまで大変ではなかった。
スンチョル
スンチョル
次すぐライブだから!
you
you
はい!
今まで練習したパフォーマンスを全て見せきった。
はじめてのパフォーマンスも、夢だった日本での公演も、全てが楽しいものだった。
you
you
みなさん、今日は来てくれてありがとうございましたー!
公演が終わったとき、まだ自分の家族にあっていないことを思い出した。
you
you
この姿でどう会ってみようか…
ウォヌ
ウォヌ
なに、家族に会いに行くの?
you
you
うぉ、あ、そうです。
ウォヌ
ウォヌ
俺もついていこうか?
you
you
いえ、大丈夫…
いいかけて思い出した。
ウォヌヒョンは私の髪を下ろした姿を見てもなにも感じない人種であったことを。
you
you
いいですか?
ウォヌ
ウォヌ
おう、じゃあ行くか?
you
you
ですね!
そして私は二人で実家に帰ることを決めた。
誰かがついていってくれれば他のメンバーにとやかく言われることもないだろう。