無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

🥀
you
you
見つかりました?
ジュン
ジュン
いーや、まだ…
you
you
予備のイヤモニとか持ってますか?
ジュン
ジュン
うん、一応はあるよ。
ミンハオ
ミンハオ
じゃあそれスタッフさんに言ってくる!
ジュン
ジュン
ミンハオありがと!
ハオヒョンが走って扉から抜けていくのと入れ違いに、ミンギュヒョンが入ってきた。
ミンギュ
ミンギュ
ミンハオが走ってる…
ミンギュ
ミンギュ
なんかあったの?
you
you
実は…
ミンギュヒョンに話の概要を話すと、ハオヒョンと同じように顔をしかめた。
というか顔がつぶれた。
ミンギュ
ミンギュ
またかぁ…
you
you
ヒョンもソヒさんの事を疑ってるんですか?
ミンギュ
ミンギュ
そりゃあね、マネージャーが変わってから何回も物がなくなるし。
ミンギュ
ミンギュ
証拠は毎回出てこないんだけどね。
you
you
そうなんですか…
ジュン
ジュン
それよりもさ、早く行かないと!
you
you
…ですね!
ジュニヒョンは無理矢理にでも空気を明るく変えようとしてくれた。
自分だけのイヤモニを失くしてしまったのだから、ジュニヒョンだって悲しいはずだ。
you
you
やっぱり…優しいな。
そのときふと頭によぎった。
私は今、この人たちに嘘をついている。
私が正体を明かしたとき、この人たちは今までと同じように接してくれるのだろうか。
ジュン
ジュン
あなた~、早く早く!
you
you
はい…
私は今までより一層正体を明かすのが怖くなった。