無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

登校時の日常
あなた

あ、坂田〜!!!

坂田
んあ?あ、あなた~
真冬
おはよ あなた!!
あなた

おはよぉ(*´▽`*)

浦田
ん、おはよう
今日の授業がだるすぎる
あなた

え、なんかあったっけ?

浦田
ばーか、昨日担任が話してただろ?
新体力テストと数学のテストがあるって
あなた

え"っ…

あなたちゃんは理数系の教科と運動が大の苦手です
(でも成績ばりくそいいの |ωᴖ`)ニタァ…)
坂田
はああぁぁ?!?!
浦田
うっせーよ‪w
真冬
あなた~?だーじょぶ?(;´Д`)
真冬
うらさーんあなたが〜(;´`)
浦田
ほっとけ‪w
あなた

にゃっ?!ひど!

坂田
浦田
ほら、教室着いたんだから大人しくしろ
あなた

……はーい

先生
あ、あなたさん
あなた

はーい?

先生
ーーーー、---。
あなた

ーーーー、、、

浦田
……?
うらさかまふ
(どうしたんだ…?)
あなた

………

うらさかまふ
あなた?
あなた

んっ?

あなた

どうした?

先生
じゃ、そういう事で、よろしくね
あなた

あ、はいっ…

浦田
なんかあったの?
あなた

え、ううん?!なんでもないよ…?

坂田
(なんか怪しい…)
浦田
そっか、
浦田
なんかあったら言えよ?
あなた

うん、ありがとっ…!

浦田
………
真冬
…………?
決してバレてはいけない。
これは秘密なのだ。
バレたらどうなるか、
あなた

(そんなこと分かってる。)

決して誰にも話してはいけない。
あなた

(信用してる人ならいいのでしょう?)

俺が認めた相手だけだ。
あなた

(…分かった)

これは俺らとお前の秘密の話。

明日からだ_



























Next➥企業案件