無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

s t o r y 5
風 雅 「 あ 、あなた 」
『 ど ー し た ? 』 
風 雅 「 俺 安 達 さ ん と 付 き 合 う 事 に し た か ら 」
『 そ ー な ん や ! ん ? は ? 』 

風 雅 が ? 安 達 さ ん と ? ? ?
風 雅 「 や か ら 、 安 達 さ ん と 付 き 合 う 事 に し た 」
『 な ん で ?な ん で ? 』 
風 雅 「 告 ら れ た し 、 良 い 人 そ う だ っ た か ら 」 

う ち は ? ? ?
『 ガ ━ l | | l ( 0 Δ 0) l | | l ━ ン 』
風 雅 「 な ん で そ ん な 落 ち 込 ん で る ん ? 」
『 お 、 落 ち 込 ん で へ ん よ ? 風 雅 に 先 越 さ れ た な 〜 っ て ( 苦 笑 ) 』

落 ち 込 む に 決 ま っ て る や ろ ! ! ! 変 な 嘘 つ く し か な い や ん !
風 雅 「 笑 笑 ( な ま え ) は 好 き な 人 と か お ら ん の ? 」

な ん だ こ い つ 〜
『 ビ ク ッ 居 る で ー ? 』       
風 雅 「 居 る ん や ! ど ん な 人 ? 」

ど ん な 人 っ て 、 お 前 や の に !
『 つ 、 ツ ン デ レ で 〜 め ち ゃ ん こ イ ケ メ ン で 毒 舌 ! 』

言 っ て し ま っ た ぁ ぁ !
風 雅 「 へ 〜 ( な ま え ) っ て そ う ゆ う 人 好 き な ん や 」 

納 得 す る ん や 笑
風 雅 「 告 れ ば え え や ん ! 」 

は ぁ ー ? 何 言 っ て る ん こ い つ !
『 そ ん な 簡 単 な こ と ち ゃ う で 』
風 雅 「 手 伝 っ て や る の に 笑 」

自 分 に 告 る 人 を ど ー や っ て 手 伝 う ん よ !
『 い や ぁ え え よ 笑 』       
安 達 「 あ !風 雅 く ん ! 」
『 う げ っ 』 
風 雅 「 ど う し た ? 」   
『 な ん か 気 管 に 唾 が 、 、 あ は は 』
安 達 「 あなた ち ゃ ん だ よ ね ? ? こ ん に ち は ! 風 雅 く ん の 彼 女 で す ! 」
『 あ 、 聞 き ま し た 笑 お 、 お め で と う ご ざ い ま す ( 苦 笑 ) 』    
安 達 「 こ ん な イ ケ メ ン く ん と 幼 な じ み っ て 羨 ま し い で す ! 」

な ん か 性 格 変 わ っ て ね ? 昼 ま で 陰 キ ャ だ っ た の に 、 、
『 あ は は 』 
風 雅 「 あなた 大 丈 夫 か ? 様 子 お か し い け ど 」
『 大 丈 夫 大 丈 夫 ! 』   
風 雅 「 そ ? じ ゃ あ 帰 ろ か 」     
『 う ん ! 』      
安 達 「 ね ね ね 、 風 雅 く ん ? 今 日 2 人 で 帰 り た い な   」
『 あ 、 そ う だ よ ね 笑 う ち 関 係 な い の に 2 人 に 混 ざ っ た ら 笑 』
安 達 「 じ ゃ っ 2 人 で 帰 り ま せ ん ? 」
風 雅 「 あなた ほ ん ま に 大 丈 夫 か ? 」
『 う ん ! う ち の 事 は 気 に せ ん と い て ! 』 
n e x t ⇨

こ の 小 説 お 気 に 入 り 4 5 行 っ た ら 次 の 話 出 し ま す !
あ と 、 次 の 話 か ら 出 て く る 弘 光 君 役 を 山 﨑 賢 人 君 じ ゃ な く て 、 西 村 く ん か 大 吾 く ん 、道 枝 く ん に し よ う と 思 う の で ど ち ら が い い か コ メ ン ト 下 さ い ! 
急 遽 弘 光 く ん 役 変 え て し ま い す い ま せ ん 。
※ 期 限 は 今 日 の 夜 ま で !