無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第3話

❦ 3 ❧
教室に入ると大毅の机の周りにはたくさんの人がいた。けど今日はその隣に(あなたの席に)女の子が座ってる……人と人との間から覗いて見えた大毅の顔はほんのり赤くてまるで恋をしているようで胸が苦しくなった、
あなた

大毅、おはよ!

重岡大毅
ん、はよ。
??
大毅?そんな塩対応してたら彼女さん可哀想やで?w
重岡大毅
んー、そうやな。
今、ものすごく悲しい。

大毅に塩対応された事よりも大毅が他の女の子に下の名前で呼ぶのをOKしていることが悲しいだって、心を開いている証拠だから、
あなた

私、座りたいから、ちょっとどいて欲しいな……

重岡大毅
絵梨こっち来る?
そう言って膝をポンポンする大毅
花田絵梨
あ、前田さん、ごめんね?
大毅の膝なんて私も座った事ないよ、?
あなた

やっぱり、絵梨ちゃんここ座ってていいよ(ニコッ)

そう言って私は、智くんたちの所に行った。浮気の事は……聞けなかった、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

Shigeoka Mio ໒꒱·
Shigeoka Mio ໒꒱·
主にジャニーズWESTの小説を出します。 リクエストあればどうぞ フォローお願いします!!!!!!! Youtubeでも活動してます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る