無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3.
エリー
エリー
あなた!!
あなた

!!!( ゚д゚)ハッ!!!!

エリー
エリー
早く起きなさい。あと3時間でころん様が到着予定よ!
シャーロット
シャーロット
あなたはいる?いるいる?いるのね?
エリー
エリー
さあ、早く着替えてるぅと様の朝食を持っていきなさい
エリーとシャーロットがせかせかと部屋のカーテンを開けて私の体を起こした
あなた

ありがとう…ございます?

シャーロット
シャーロット
厨房に食事を用意してあるから早く運んで差し上げて
エリー
エリー
私たち使用人の朝食はあとよ。さあはやく
あなた

はい!

シャーロット
シャーロット
エリー、るぅと様の所へ行きましょう
エリー
エリー
これが一番憂鬱だわ



るぅと様は、みんなからはよく思われてないのかな
あなた

厨房…は、ここ?

ルーナ
ルーナ
あなた!ちょうど良かった
あなた

ルーナさん…

ルーナ
ルーナ
そこに置いてある分を運んでね
あなた

わかりました

=͟͟͞͞( ¯−︎¯ )サササッ
ルーナ
ルーナ
まあ、仕事が早いわね
あなた

終わりました

奥様
奥様
おはようルーナ。それから…あー…
ルーナ
ルーナ
彼女はあなたです奥様。昨日から入ってきた新人です
奥様
奥様
そう…どうぞよろしく
るぅと様
るぅと様
…母上、おはようございます
奥様
奥様
おはようるぅと
るぅと様
るぅと様
あなた、おはよう!
あなた

おはようございます奥様、るぅと様。朝食の準備が出来ていますよ

るぅと様
るぅと様
うん!ありがとう!
昨日のエリーさんやシャーロットさんと話してる時とは全然違う…
あなた

…?

シャーロット
シャーロット
あなたお疲れ様!るぅと様、奥様、おはようございます。私たちはこれにて失礼させていただきますね
エリー
エリー
*_ _)ペコリ
あなた

えっ、あ、*_ _)ペコリ

お辞儀をしたのもつかの間、私はエリーさんに腕を掴まれてそそくさと部屋を出ていった。
どこに向かっているんだろう。
歩くの早い
あなた

待って転けr…

ε=\__〇_ ズコー