無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7.
情報を整理しよう。
まずなぜころん様があの場にいたの?
あの方向だと、御手洗だろうか…だとすると辻褄が合う。



そもそも、どうして私なのだろう。
シャーロットさんやエリーさんとか、ルーナさんとか他にもいただろうに。
ルーナ
ルーナ
あなた?ぼーっとしてたわよ?
シャーロット
シャーロット
もしかして、疲れてる?
あなた

えっ!?

あなた

いえ、平気です

そうだ。とにかく今は仕事に集中。
ルーナ
ルーナ
ねえあなた、そこの食器片付けてくれる?今日欠席みたいだから
あなた

はい!

エリー
エリー
…だから、何度言ったらわかるのよ!?物を壊したら旦那様がお怒りになるわ!
ゲオルク
ゲオルク
すっ、すみません!
ルーナ
ルーナ
あらあら〜ゲオルクったらまた花瓶を割ったのね?
ゲオルク
ゲオルク
はい…
あなた

…あの、大丈夫ですか?

エリー
エリー
ゲオルクには構わないで。あなた、あんたはあんたの仕事をしなさい!
ゲオルク
ゲオルク
ゔっ
あなた

この食器すごい綺麗ですね…

エリー
エリー
…ああ、それはたしか奥様の趣味で、職人に作らせているものよ
ルーナ
ルーナ
ななもり殿と申したはず。来月に奥様がお招きすると仰っていたわ
エリー
エリー
私も会うのが楽しみだわ!
シャーロット
シャーロット
…そうね
シャーロットさんの声は少し暗く、どこか悲しげに聞こえたが気の所為だろうか。
ルーナ
ルーナ
さあ、るぅと様ところん様の御成りよ
るぅと様
るぅと様
( -ω- `)フッ
ころん様
ころん様
(*˙︶˙*)ノ゙
ああ、もうお昼の時間だわ。