無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2.
カーペットよし、楽器よし、テーブルよし、イスよし、花瓶よし…
あなた

全部揃いました!

シャーロット
シャーロット
さすが!
エリー
エリー
大したもんよ。お疲れ様
あなた

ありがとうございます!

シャーロット
シャーロット
じゃあ、私たち部屋に戻るわ。ゆっくりしていいわよ
あなた

分かりました!お疲れ様です!

エリー
エリー
またね
あなた

(´-д-)-3はぁ〜

疲れた、、、
ん?
???
…そう
???
へえ
???
ならよかった
???
うん
誰だろ…
るぅと様
るぅと様
るぅと様
るぅと様
で?(  ・᷄ὢ・᷅  )
…って、え!?
るぅと様!?
シャーロット
シャーロット
そ、その…準備は、完璧です
エリー
エリー
ほぼ全部あなたのおかげです。彼女凄いですよ、一日であれだけの仕事を…
るぅと様
るぅと様
下がってくれない?僕忙しいから
えっ!?シャーロットさんとエリーさん!?
るぅと様…さっきと態度が全然違う\(ᯅ̈ )/
シャーロット
シャーロット
では、失礼します…
あなた

なんか、騙された気分…(´Д`)ハァ…

ルーナ
ルーナ
あら、あなたさん
あなた

あっ、さっきの…えっと、?

ルーナ
ルーナ
ふふっ、言い忘れてたわね。私はルーナよ
あなた

ルーナさんですね

ルーナ
ルーナ
こんな所で何してるの?
あなた

何しようかな、って…

ルーナ
ルーナ
そう…なら、使用人室で明日の準備をするか、自室でゆっくりした方がいいんじゃない?
あなた

そうですね

ルーナ
ルーナ
あなたの部屋は廊下を右に曲がって西階段を登ったところにある「2069」号室。ちなみに私は隣の「2070」号室だから、何かあったら呼んでね
あなた

はい!

=͟͟͞͞( 'ω' =͟͟͞͞( 'ω' =͟͟͞͞)==ササッ
えーっと…?
廊下を右に曲がって、階段…西ってこっちか。
「2065」…「2066」…「2067」…「2068」…
あった!
「2069」!
とりあえずベッドに横になってみる。
あなた

ふかふか。暖かい…



私は、いつの間にか眠りに落ちていた。