無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

やっぱり
次の日、












相澤先生と共に










政府の開発本部に行った。













個性を制御するリミッターの役割のある









チョーカーと腕輪













貴「奴隷になった気分…」





相澤「なんか言ったか?」





貴「何もありません」













今から車で学校まで行く












私がヒーロー科のクラスの人に













リアルな実践訓練を執り行うことになっている。













私にさせるべきじゃないと思う






とため息をつきながら













どんな方法にしようか考えた。














貴「これしかないよな…」












車にゆられながら



















あの仮面を手に取った。






















貴「やっぱり私はこれが落ち着く…」








そう言い聞かせるように














仮面をつけた。