無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

あれは、
「ショッピングモール来てたのはいいけど…どうしようかな…」








今日は、











服を買いに来た。






お洒落したいし…。













貴「ん?…あれは…」






騒がしい方に





目を向ける














貴「雄英のヒーロー科の奴か」










麗日「相澤さん!こっちこっちー!」





相澤…?








相澤と呼ばれるやつが私の横を通り過ぎる…














貴「なんで…なんでお前がいやがる…」







驚きのあまり、後ろに後ずさる









目眩がする…












貴「なんで、あいつが…」













こっちの世界に来てるんだ。









そんな事を考えていると











後ろを振り返ったあいつが












私を見て











不敵に微笑んでいた。





緑谷「相澤さーん!」



相澤?「はーい!待ってー!」













恐怖を感じた













あいつが居るなんて嫌な予感しかしない。














気持ち悪い…。













貴「吐きそう…」













急いでトイレに駆け込み













嘔吐した。













この感じが













あの世界のことを













また思い出させた。













ヒロアカのキャラ達に囲まれ













笑うあいつを見ていると…













貴「反吐が出る」






鏡に映る自分を見て













吐きでる暴言













そして…








貴「反吐が出るって言ったけど…さっき出たばっかじゃん…」




と、気がつき








クスクス笑ってしまった。














鏡に映る顔は、酷く














苦しそうに見えた。