無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

訓練
翔太君の事は、気になるけど










仮面を向けていれば大丈夫だよね…。











そんな事を思っていた過去の私を殴ってやりたい。














山崎「え、あなたちゃん?」









仮面をつけているのにバレた!!


なぜだ!


貴「人違い!です…」





山崎「そんなわけない」







私が






なぜ、こいつを避けるのか






それは…









こいつが…









山崎「あなたちゃんの匂いがするから分かるよ」





純粋に変態なんだ!













ほら見ろ!










主人公達固まってるよ、







どうしてくれるんだ!














でも、どうやってここに来たんだろうか…










貴「いつからこっちに居るの」





山崎「確か…もう、2年になるね」




2年?





私はまだ1年も経ってない









どういうこと…?






山崎「あなたちゃんは、最近だよね」






貴「貴方と私は同じ年齢なのに…でもどうやってここに?」





すると、山崎は苦笑いしながら















山崎「俺、殺されたんだよね…」



























貴「え?」



開いた口が塞がらなかった。