無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第16話

黒・黄・紫
目黒蓮
目黒蓮
いってぇな…
岩本照
岩本照
おはよ。ってどうした?目黒
深澤辰哉
深澤辰哉
珍しいね
俺は朝から頭が痛い。楽屋のソファーで横になっていたらひーくんとふっかさんが心配してくれた。
目黒蓮
目黒蓮
頭痛くて
深澤辰哉
深澤辰哉
偏頭痛だっけ?
目黒蓮
目黒蓮
うっす
岩本照
岩本照
偏頭痛か…いてぇよな
それから俺は眠りについた。起きた時には撮影が終わっていたようで、ふっかさん達が目黒はまた後でと言ってくれていたようだった。
其れから俺の体調は良くなって行った。