無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

黒の憂鬱
目黒蓮
目黒蓮
はぁ…はぁ…うぐっ…うぅっ……
俺は今、トイレから動けない状態。朝からトイレに行ったんだけど、急に頭が痛くなってトイレから一歩も動けなくなった。もうそろそろでふっかさんが迎えに来るんだけど…どうしようやばい。
深澤辰哉
深澤辰哉
蓮〜?迎え来たぞ〜!
目黒蓮
目黒蓮
はぁい!今行く!
よろよろと立ち上がり、歩こうとする。その瞬間に激痛が走り、その場に崩れ落ちてしまう。それでも俺はふっかさんに迷惑を掛けたくない一心でふっかさんの元へ。
深澤辰哉
深澤辰哉
お前大丈夫か?顔色悪いみたいだけど
目黒蓮
目黒蓮
へーきっす。いつもの事なんで
まじ今頭痛くてパニックパニック。楽屋に着いたのは良いんだけど、超痛い。つか吐きそう
目黒蓮
目黒蓮
ふっかさ…うっぷ…
深澤辰哉
深澤辰哉
どうした?蓮
目黒蓮
目黒蓮
ふくろふくろ
深澤辰哉
深澤辰哉
袋?デカめの?
目黒蓮
目黒蓮
(コクコクコクコク)
深澤辰哉
深澤辰哉
ほい。持っとこうか?
目黒蓮
目黒蓮
大丈夫…俺、持つ…うぅっ…ゲホゲホッ…(吐)
深澤辰哉
深澤辰哉
おぉ!?大丈夫か?(サスサス)
俺はトイレへ行こうと思ったけど頭痛くて立てないしでもふっかさんに迷惑掛けたくないしって思ってたら楽屋で吐いてしまった。ふっかさんは初め、驚いた様子だったけど、「大丈夫大丈夫俺が居るから」と言いながら俺の背中を終始摩ってくれた。
目黒蓮
目黒蓮
はぁ…はぁ…ごめんなさ…グスッ…
深澤辰哉
深澤辰哉
大丈夫大丈夫。辛かったな?ほら、今日は帰ろう?
目黒蓮
目黒蓮
でも、迷惑がっ…グスッグスッ…
深澤辰哉
深澤辰哉
大丈夫。迷惑だなんて思ってないから。さ、帰ろ。照には俺から言っておくから。
目黒蓮
目黒蓮
やだぁ…グスッグスッ…
深澤辰哉
深澤辰哉
じゃあ、頑張れる所まで頑張ろっか
目黒蓮
目黒蓮
うん…グスッ…
吐いたあと泣くっていう話本当なんだなって今ここで思う。ふっかさんが居てくれて良かった…。家ではずっと一人だから寂しくて寂しくて。
皆が来た時驚いてたよ。まぁ、そうだよね。何時も元気にソファーに座って携帯触ってる俺がソファーで横になってんだもん。
岩本照
岩本照
目黒、帰ろうか。辛いだろ?
目黒蓮
目黒蓮
大丈夫っす…。まだ痛いっすけど
深澤辰哉
深澤辰哉
あ〜照それがさ、めめが帰りたくないって言うから頑張れる所までって話しでここに居る訳さ
撮影の時は頑張って笑顔を作って挑んだ。その結果、ぶっ倒れてふっかさんの家に連行された。
目黒蓮
目黒蓮
ごめんなさい…
深澤辰哉
深澤辰哉
良いよ良いよ。頑張れる所までって言ったんだから。蓮は良く頑張ったよ(ワシャッ)
わしゃっと俺の頭を撫でてくれるふっかさん。ふっかさんって皆のこと下の名前で呼んでるけど俺の時だけ俺の前でしか蓮って言わないよね。何で?
その後ふっかさんの看病の元、元気に回復しためめは思い切ってふっかさんに告白。勿論OKを貰えました!両思いだったそうです笑
RURIさんからのリクエストでした!ありがとうございました!