無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

ピンクピンチ!?
お…おはようございます。佐久間さんであります…今、トイレにこもっております。何故かって?あの、。ですね…お腹痛くて動けないでやんす…。電話…したいんでやんすが…携帯…部屋っす。しょっぴーが泊まりに来てて…気付いてくれるといいんでやんすが…どうでしょう…気が付きますかね。
渡辺翔太
渡辺翔太
佐久間ぁ?トイレ長くない?
あ、しょっぴーでやんすね…。あの、。はい。気が付いてくれたのはいいんでやんすが…お腹痛いのが酷くなってて声出せないんでやんすね…。おぉう…どうしたらいいっすか
渡辺翔太
渡辺翔太
佐久間ぁ?おーい?(ドアをノック)
佐久間大介
佐久間大介
(ノックし返す)
渡辺翔太
渡辺翔太
佐久間腹痛い感じ?
佐久間大介
佐久間大介
(コンッと鳴らし倒れてしまう)
ズボン履いて出ようとしたら気持ち悪くなって倒れてしまったでやんすね。えぇ。一寸、まじでしょっぴー助けて
渡辺翔太
渡辺翔太
佐久間?開けるよー?(開ける)
渡辺翔太
渡辺翔太
うわっ!?
佐久間大介
佐久間大介
しょ…ぴー…
渡辺翔太
渡辺翔太
大丈夫か!?
俺を抱き抱えて急いでベッドまで連れていってくれたしょっぴー。なんだか申し訳ないでやんすね。こんなにもお腹痛くなったのは初めてでやんすが…何故でやんしょ。
ベッドの上で横になり、お腹を押さえてうずくまる。しょっぴーが気を使ってお粥を作ってくれたようで其れをゆっくりと食べる。
渡辺翔太
渡辺翔太
なんで腹痛かったの?
佐久間大介
佐久間大介
……ストレスらしいっす
渡辺翔太
渡辺翔太
あー……ストレス
後日ちゃんと病院へ行きましたとさ