無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

救世主オレンジ
やっほー!みんなの万能調味料こと塩麹よりも向井康二でーす!
今な?彼氏の照と買い物という名のデートしてんねん!えぇやろ?
照と楽しく話しよったら、車が猛スピードで照に突っ込んで来たんややから俺は照を突き飛ばしたんよ。車の顔にぶち当たって吹き飛んだんよ。痛かったわァ…。
病院で検査したけど命に別状はあらへんて。ただ、腰の骨が砕け散っとるらしくて歩けへんかもって。まぁええねんけどな
岩本照
岩本照
こ……じ……グスッ
向井康二
向井康二
なんやなんや?なんで泣いてんねん?
岩本照
岩本照
だって…歩けなくなるかもって……(泣)
向井康二
向井康二
ええねんええねん。照が守れたんやから。俺はそれでええんよ
岩本照
岩本照
でも、。
向井康二
向井康二
泣かんといてや?何時もみたいに笑ってや…悲しくなるやん
そう言うと、照は少しぎこちない笑顔を見せた。俺は歩けへんようになるかも知らへん。でも、照と言う大切な人を守れたんやから俺は現実を受け止める。もし、歩けへんようになっても車椅子がある。メンバーみんなが支えてくれるって信じてんねん。
その後、リハビリの結果、少し後遺症は残るものの歩けるようになった康二。その知らせを受けた照は、病院で大号泣した後に康二の腕に包まれてすやすやと可愛い寝顔をみんなに見せていたそう
向井康二
向井康二
可愛ええやろ?
おしまい