無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

紫・黒・青
深澤辰哉
深澤辰哉
痛てぇ…
朝から頭痛が酷くて寝込んでいる。風邪をひいたんだろうと思う。今日はめめとしょっぴーが来る予定。
目黒蓮
目黒蓮
めぐめぐTV〜ってあれ?何で布団に寝っ転がってんすか?
何でめぐめぐTV〜って言いながら入って来るんだよ(苦笑)
深澤辰哉
深澤辰哉
あー…一寸頭痛くてさ
渡辺翔太
渡辺翔太
大丈夫な訳?
深澤辰哉
深澤辰哉
軽い風邪だと思うから
渡辺翔太
渡辺翔太
そうだと良いけども。何かあったらthぐに言ってよね
目黒蓮
目黒蓮
そっすよ?………です(キリッ)
深澤辰哉
深澤辰哉
おう…有難うな
ですってなんだですって。そんな事を考えていると、ズキッと頭が痛む。痛みに悶えていると、翔太が何故かマックを買ってきた。
渡辺翔太
渡辺翔太
これ食べて
深澤辰哉
深澤辰哉
なんで病人にマック食わせようとしてんだアホ
渡辺翔太
渡辺翔太
え、違った?涼太がこれいいよって
お前は涼太の何を見てんだ?
病人にマックを買ってきた人間なんて多分翔太ぐらいだぞ?
目黒蓮
目黒蓮
普通病人にはお粥っすよ!
深澤辰哉
深澤辰哉
わぁ…珍しく目黒が正しいこと言ってるわ〜
目黒蓮
目黒蓮
え!?いつも通りっすよ!
深澤辰哉
深澤辰哉
あーはいはい
目黒と翔太のおかげで頭の痛みもどこかへ飛んでいってしまい、次の日には健康になっていた。