無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

殺害、自殺…
俺は、輝。
大学に通っている。生まれた瞬間からなぜか首に切られたような傷があったらしい。その理由は医者にも分からないみたいだ。俺は別に気にしてないからどうでもいいんだけど。









ある日の帰り道。
女の人が立っていた。
「ねえ、私のこと覚えてる?」
「ごめんなさい。あったことありませんよね?」


声をかけられた瞬間首の傷が疼いた。






本能が言っている。
この人には近づいちゃいけないって。
だめだ。速く逃げなゃ。なのに、足が...足が...。


「やっぱり覚えてないの...?」
女の人は悲しそうに言った。
何も僕にはわからない。

















































いきなり強い頭痛が襲った。

「なら、思い出させてあげる。」


女の人は静かに言ったような気がした。
頭痛が酷くてあまりよく聞こえなかった。














次に起きた時には、自分の家のベッドの上だった。

俺はすべてを思い出した。
最悪だ。

あの人はこの世でもいつまでも俺を追いかけてくることが分かってしまったから...