無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
977
2021/04/16

第14話

サマーライブ♯9
数分後____
あなた

んっ……んー………

巴日和
巴日和
あなたちゃんっ!?
僕が分かるっ?
ん………?ここは…
あなた

日和くん……?

漣ジュン
漣ジュン
良かったっす…目が覚めて真逆気絶するとは思わなかったっすからねぇ……
七種茨
七種茨
痛む所は有りませんか?、
もし、万が一にあなたさんに怪我があったとなるとこの七種茨夜も眠れません!
……あ…私皆に色んな事されて……////
気絶したんだった…皆、アイドルとプロデューサーって事分かってるのかなぁ…
あなた

大丈夫、心配してくれてありがとう茨くん。

乱凪砂
乱凪砂
あなたちゃん、顔赤いよ?熱でもある……?
(おでこを触り)
あなた

ふぇっ!?だっ…大丈夫!!熱くもないし、ダルくも無いもん!

ヤバイっ…思い出したら顔赤くなっちゃったかも……//
漣ジュン
漣ジュン
さてはさっきのこと思い出したとかっすかね?(ニマ
あなた

…!
そ…そんなことないよっ!?

Eden4人)
(図星だな/ですね/だね/かな)
七種茨
七種茨
兎も角! 
サマーライブの練習に向けて頑張りましょう!
とりあえず英智猊下の提案を飲む他無いでしょうしね、
__手加減せず潰す気で

そう仕事相手から言われたのなら仕方ないかな………。
巴日和
巴日和
乗り気はしないけど僕が輝くために動いて貰うしか無いね!
漣ジュン
漣ジュン
まぁ、それがEve…俺らの常套手口ですしねぇ…
あなた

まぁ、アイドル業界は甘くないからね(苦笑

アイドル業界は甘くない…………









そうなんだよね、私の時だってそうだった………








アイドルも人間なんだから裏切る……………










やりたくないな……。







正々堂々と勝負がしたい………