前の話
一覧へ
次の話

第9話

Finalstory
47
2022/04/01 11:02
ガチャ
アリアナ・エラ
アリアナ・エラ
あ、やっと来た
アリアナ・エラ
アリアナ・エラ
いつも早いのに…珍しいわね
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
あの…ね、今日は大事な話があるの
アリアナ・エラ
アリアナ・エラ
どうかしたの?
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
もう、辞めましょう、
アリアナ・エラ
アリアナ・エラ
なに…を?
何となくわかっていたけれど、そうでないと信じたい
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
…この関係を
あぁ、やっぱりそうなんだ
アリアナ・エラ
アリアナ・エラ
どうして?
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
もう、知られてしまいそうなの
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
もし知られたら、お別れの挨拶もせずに私達は離れ離れになってしまう
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
だったらお別れの挨拶をした方がいいでしょ?
彼女は寂しそうに私に微笑む
いやよ、いや
…でもそうした方がいいわよね
私の中で踏ん切りがついた
そうよね、その方がいいわよね
そう言おうとする
でも、理性の失った方の私の人格が前へ出た
アリアナ・エラ
アリアナ・エラ
離れたくない…そう、こうしちゃえばいいのよ
そこから先は覚えていない
―――――――――――――――――――――――――――
アリアナ・エラ
アリアナ・エラ
こうしちゃえばいいのよ
彼女は刃物を取りだした
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
それは…ダメよ、置いて
アリアナ・エラ
アリアナ・エラ
どうして?、私はあなたとずっと一緒に居たいだけなのに
彼女の目はハイライトを失っていた
なにかに乗っ取られてるようで怖い
何より殺されそうなのが怖い
きっと私は殺される
怖すぎて、悲鳴をあげることもできない
落ち着いて、私
私は絶対的に死ぬ
もう受け入れるしかない
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
…ありがとう、ずっと大好きですよ
自然と涙が出てくる
泣いてる私なんてきっと見えていない
声も届いていない
アリアナ・エラ
アリアナ・エラ
これで私達はずっと一緒よ
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
…えぇ、そうね
グサリという音が聞こえて腹部を見ると赤いシミが広がっていた
私は色々な運命という道からこの道を選んだ
後悔など、していない
貴方と出会えたから
痛みが強くなっていく
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
ふ…う、ぅ
自然と私の口から苦しみの声が出てくる
貴方の目を見てこう言いたい
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
ありがとう、貴方に…出会えて、良かった
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
これからも…ずっと大好きよ
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
たとえ…死んでも
あぁ、視界が涙でぼやけてく
最後に貴方の顔が見たかった
最後の力を振り絞って言う
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
あい…して…
シャルロット・オリビア
シャルロット・オリビア
る…
こうしてシャルロット・オリビアは絶命した
――――――――――――――――――――――――――――――
貴方の体が私に寄りかかる
その瞬間に人格が入れ替わった
もう一方の人格は本当に意地悪だ
五分ほど思考が停止して最初に出た言葉は
アリアナ・エラ
アリアナ・エラ
嘘…
だった
血まみれの自分の手を見ても、嘘だと言えるわけないだろう
私は彼女を私の手で殺めた
なんということをしてしまったのだろうか
最愛の貴方はもう居ない
そんなの私の生きる意味がないじゃない
きっと私は地獄に行く
貴方にはあの世で会えないだろう
でもいい
貴方のいない世界で生きるよりはましだわ
さよなら私
さよならオリビア
さよなら世界
そう別れを告げてアリアナ・エナは自身の心臓目掛けて、10分ほど前に殺めた人の血が付いたナイフで






















刺した
―――――――――――――――――――――――――
ハッピーエンドもいいけどバットエンドもいいなって思った描いたお話でした
どう描こうかと考えていたら投稿が遅くなってしまいましたすいませんんんんんんん
高校生になったので投稿頻度がより遅くなると思います
温かい目でみてくだたい

アンケート

次やって欲しいこと
BERの更新
6%
違うテイストのファンタジー百合
13%
R-18な百合小説
81%
投票数: 16票
ではでは〜!
またどこかで!!!

プリ小説オーディオドラマ