無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

👍🏻

あぁ…ださい。


ダサすぎるよ、


はぁ……



襟の方を見てみると白くて綺麗な指で糸を取ってくれている。



天使なのかな。


可愛い。
そくみん
そくみん
あ、ありがとう!
me
me
うん!
me
me
ふふっㅋㅋ
そくみん
そくみん
?
me
me
そくみん君しっかりしてそうのに可愛いなって思って!
そくみん
そくみん
あ…えっと…/////
me
me
あ、ううん。ごめん
男の子はかっこいいの方がいよね…
そくみん
そくみん
あ、ううん
(あなたちゃんなら大丈夫)


やば。言っちゃったよ。

me
me
ん?なんか言った?


よかった。聞こえてなかったんだ。



10分後
そくみん
そくみん
あ。ひょん達に捕まってたからもう時間ないね…
me
me
ほんとだ…
そくみん
そくみん
また明日学校を回ろう!
me
me
うん!