無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

👍🏻
そくみん
そくみん
えー!!!!!!
先生
なんだそくみん、
知ってるのか?
me
me
あ…朝の…
先生
じゃあ、席はそくみんの隣の席で、そくみんは学校の案内したり面倒見てやってくれ!
そくみん
そくみん
あ…はい…!


男⦆お前、知り合いなの?!
そくみん
そくみん
あ、えっと、朝少し話しただけ…


私は先生の指示に従い、そくみん?君の隣の席にすわった。


そして、まずはお礼をと思って
me
me
朝はありがとう!
そくみん
そくみん
あ、うん……/////
2年だったんだね……/////
me
me
うん!
私も3年生かと思ってた!
そくみん
そくみん
え?
me
me
大人っぽかったから!
そくみん
そくみん
そ、そうかな…/////
そくみん
そくみん
昼休みに学校の案内するよ!
me
me
ありがとう!