無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

👍🏻
トッポギ屋さんに着いて座り、メニューを選んでいる時
じゅん
じゅん
1番辛いのにしよ!
すにょん
すにょん
いいねー!
左隣に座っているすんぐぁん君が聞いてきた。
すんぐぁん
すんぐぁん
ぬな、辛いの大丈夫?
me
me
あ〜、うん!
大丈夫だよ!
すると、目の前に座っていたみんぎゅが口を開いた。
みんぎゅ
みんぎゅ
え?あなた辛いの無理じゃなかった?
me
me
あ…
ごめん、すんぐぁん君。
私辛いのダメで…
すんぐぁん
すんぐぁん
遠慮しないで言ってくださいよ!
じゃあ、僕が辛くないの頼むんで!
一緒に食べましょ!
me
me
え?
すんぐぁん
すんぐぁん
ここ、1人前結構量が多いから!
女の子は2人でピッタリだと思いますよ?
me
me
分かった!
ありがとう!
すんぐぁん君、年下なのに凄いな。
気遣いができるのすごい。