無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

👍🏻
1時間ほどして解散することになった
すにょん
すにょん
じゃあね!
あなたちゃん!
me
me
はい!
じゅん
じゅん
今度3年のフロアとか来てね!
うぉぬ
うぉぬ
他学年のフロアダメだろ
じゅん
じゅん
そっかぁ…
じゃあ、放課後とか遊ぼ!
me
me
はい!!
みんぎゅ
みんぎゅ
あなた、家まで送る?
me
me
あ…えっと…
すんぐぁん
すんぐぁん
ダメですよ、ひょん
ぬなはこれから僕とデートなんですから
みんぎゅ
みんぎゅ
そうなの?
me
me
デートじゃないよ!
課題のお手伝い!
みんぎゅ
みんぎゅ
あ〜、そっか
頑張れよ!
me
me
うん!

みんぎゅはすんぐぁん君の耳元で何かを言っていたみたいだけど、私には聞こえなかった。








































“俺もあなたの事好きだから。”