無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

# 4 経緯
87
2022/06/04 16:54
そのときはいつも通り陽子ちゃんの相手をしてたんだ
バイトの子が持ってきたグラスに俺はワインを注いだ
陽子『蘭くん、今日もかっこいいわね〜』
灰谷蘭
はは。ありがとう(*ˊ꒳ˋ*)
灰谷蘭
陽子ちゃんも可愛いよ?
陽子『そんなことないわ〜』
陽子ちゃんがワインを口にしたその時だった
陽子『ウ”ウ”ッ……あ”あ”あ”あ”あ”あ”………』
陽子ちゃんが苦しみ始めた
灰谷蘭
陽子ちゃん!?
喉を掻きむしるようにして陽子ちゃんは倒れた。
灰谷蘭
陽子ちゃん!?
陽子ちゃんが息をしているか確かめる
灰谷蘭
!?
同僚の山中さん
同僚の山中さん
蘭くん?どーしましたか?
灰谷蘭
麗子ちゃん……
同僚の山中さん
同僚の山中さん
!!
陽子ちゃんに気づいた麗子ちゃんは俺に鋭く言った。
同僚の山中さん
同僚の山中さん
蘭くんは警察に電話してください!!
同僚の山中さん
同僚の山中さん
店から一歩も出ないで!!!
同僚の山中さん
同僚の山中さん
私は知り合いの弁護士に電話します!私じゃ力不足なんで!
灰谷蘭
それから店は大騒ぎ
(なまえ)
あなた
そう___
(なまえ)
あなた
刑事さん、鑑識の結果は?
刑事さん『被害者の体内から毒物が今出されました』
刑事さん『毒殺と考えいいでしょう』
刑事さん『ここにいる客やホストたちは毒物のようなものは持っていませんでした。』
店を見渡す
(なまえ)
あなた
……でしょうね
刑事さん『はい?』
灰谷蘭
どういうこと?
(なまえ)
あなた
カウンターの近くにある水槽よ
みんなの視線がカウンター近くの水槽に集まる
灰谷蘭
魚が…死んでる……
(なまえ)
あなた
犯人は多分、カプセルのようなものに毒物を入れてたのかもしれません。
(なまえ)
あなた
反社は被害者を殺害後、カプセルを処分するために水槽にカプセルを入れた。
(なまえ)
あなた
証拠隠滅のために___
刑事さん『鑑識!あの水槽を調べろ!!』
刑事さんが鑑識の人に言った。
現場をじっくり見る
(なまえ)
あなた
蘭くん、陽子さんの相手をしていたとき
(なまえ)
あなた
カウンターに行った?
蘭くんは首を横に振る。
同僚の山中さん
同僚の山中さん
蘭くんは私の近くにいました
同僚の山中さん
同僚の山中さん
蘭くんはカウンターに行ってませんよ
(なまえ)
あなた
あら、山中先生
山中先生が蘭くんの横に立つ
(なまえ)
あなた
…………
再度現場を見る
(なまえ)
あなた
山中先生
同僚の山中さん
同僚の山中さん
はい!
(なまえ)
あなた
メモ
同僚の山中さん
同僚の山中さん
了解です!
山中先生がメモ帳とペンをバックから取り出す
(なまえ)
あなた
グラスを持ってきた人は?
灰谷蘭
バイトの子
一人の男性が部屋の隅で手を上げる
(なまえ)
あなた
名前は
バイト『さ、佐藤 雪斗です』
(なまえ)
あなた
歳は?
バイト『さ、30』
山中先生がメモる
(なまえ)
あなた
じゃあ佐藤雪斗、蘭くんの横に並んで
佐藤雪斗が大人しく蘭くんの横に並ぶ
(なまえ)
あなた
次!
(なまえ)
あなた
グラスを用意したのは?
灰谷蘭
カウンターの子
部屋の隅にいる男性が控えめに手を上げる
(なまえ)
あなた
名前は?
カウンター『やなぎ はるかです』
(なまえ)
あなた
歳は?
カウンター『に、28歳』
(なまえ)
あなた
柳悠、あなたもこっちに来て
蘭くんの横に並ばせる
(なまえ)
あなた
…………
スマホを取り出すと蘭、雪斗、悠の写真を撮る
灰谷蘭
(なまえ)
あなた
ところで
(なまえ)
あなた
依頼者は?
同僚の山中さん
同僚の山中さん
蘭の弟、竜胆くんです
弟の竜胆くんと思われる人がこちらにくる。
名刺を交換する
(なまえ)
あなた
何かあったら連絡ちょうだい
灰谷竜胆
りょーかーい
(なまえ)
あなた
山中先生
同僚の山中さん
同僚の山中さん
はい
(なまえ)
あなた
帰るわよ
刑事さん『え?』
同僚の山中さん
同僚の山中さん
はい!
(なまえ)
あなた
この案件、一度持ち帰りますね(o^∀^o)
刑事さん『えええ』
(なまえ)
あなた
ではまた後日
山中先生を連れて店を出る