無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

# 3 事件1-2
90
2022/06/04 16:23
“ホストクラブ 梵天”の前に車を停める
車から下りると、馴染みの刑事さんがいた。
刑事さん『お久しぶりですねぇ』
(なまえ)
あなた
被害者は?
刑事さん『ここの常連客です』

刑事さん『堀 陽子。30歳のOLです。既婚者ですね』
建物の中に入る
中には水槽が沢山あった。
部屋の隅には客やホストたちが集まっている
(なまえ)
あなた
容疑者は?
刑事さん『灰谷蘭。ここの弁護士です』
灰谷蘭
弁護士さん?
(なまえ)
あなた
弁護士の剣持あなたの下の名前です
名刺を交換する
(なまえ)
あなた
じゃあ早速だけど蘭くん
(なまえ)
あなた
事件のこと詳しく教えて
灰谷蘭
りょーかい
サクシャ
サクシャ
短いけどあともう一話更新するから許してください!