無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

# 1 𝓟𝓡𝓞𝓘𝓞𝓖
252
2022/05/23 23:22
瀬之口法律事務所せのくちほうりつじむしょ___
真っ暗な事務所のなか“刑事事件ルーム”と書かれた部屋に明かりがついている。
カタカタカタ
刑事事件ルームにある五つのデスクのうち、一つのデスクでパソコンを操作している女性がいる。
その女性は透き通るような白髪でとても綺麗だった。
デスクのネームには“剣持あなたの下の名前”と書かれている。
カタカタカタ
(なまえ)
あなた
(ゥゥ………眠い……)
パソコンを閉じて伸びをする
(なまえ)
あなた
休憩するか……
時計を見ると、午後8時半だった
Prrrrr
パソコンの隣に置いていたスマホを手に取る
画面には“山中先生”と表示されている
(なまえ)
あなた
📞もしもし?山中先生、どうかしました?
同僚の山中さん
同僚の山中さん
📞剣持先生!今すぐホストクラブ“梵天”に来てください!
(なまえ)
あなた
📞どうしたの?
コートとカバンを取り、刑事事件ルームを出る
同僚の山中さん
同僚の山中さん
📞梵天で女性が殺害されたんです!!
(なまえ)
あなた
📞!?今すぐ行くわ!警察は?
同僚の山中さん
同僚の山中さん
📞来てます!
(なまえ)
あなた
📞店から誰も出さないでね!
そう言って電話を切る
ピピ
車の鍵を開けると、スマホとカバンを助手席になげる
運転席に座り、エンジンをかけた
サクシャ
サクシャ
次回 # 2 𝓟𝓡𝓞𝓕𝓘𝓛𝓔